グアムでプライベートビーチを楽しむ。ただし有料

グアムに旅行に行って海で泳ぐことを考えている人も多くいます。グアムの海で泳ぐなら落ち着きのある場所でゆったり泳ぎたい、遊びたいと考えている人も中にはいます。プライベートビーチ以外だと混雑していてのんびりすることも出来ず、納得のいかない旅行になることもあります。海で旅行デートをしたい、海で子供と一緒に遊びたい、プライべーととして遊びたいと考えている人もいます。こんな悩みを持つ人達のために、プライベートビーチについてまとめてみました。

グアム有料プライベートビーチ

ココパーム・ガーデンビーチは砂浜と海も両方きれいです。砂浜は白い砂に覆われています。ココパーム・ガーデンビーチのメリットは無料送迎があり、ベローナホテルもしくはレオパレスに泊まった人が利用出来ます。セーフティーボックスは有料、ロッカーやトイレやシャワーは無料となっています。食べ物はどうするかというと、ココパームガーデンビーチで購入することが出来ます。ココパーム・ガーデンビーチでは何が楽しめるかというと、釣りやランチ、ハンモックで寝たり、時間によってはカヌーにも挑戦することが出来ます。持ち物は水着と日焼け止めは自宅から持っていく必要があり、日焼け止めがないとすぐ日焼けをしてしまいます。眺めもよくてきれいなところです。

ファイファイ・プライベート・ビーチパークを利用するときは少し注意が必要です。ダイビングは健康状態がいい人が利用出来ます。呼吸器官系の障害がある人にとっては難しいため少し注意が必要です。また何故健康状態がこんなに必要かというと、ダイビング以外にもスカイダイビング、飛行機に乗ったり、熱気球にも乗れるイベントがあるからです。どれも空など高いところを飛んだりするものが多いです。眺めはどうかというと、白い砂浜や海もあり所々休憩場所があります。ハンモックもあるし、洞窟ツアーもあり、いずれもどきどきするものや行動力が大きいイベントが多いです。水着は最初から着ておくのが条件、靴は砂浜でも歩きやすいもの、後はバスタオルと日焼け止めとサングラスは持っていく必要があります。

ココス島は砂浜もきれだし、海もきれいです。主にすることは海で泳いだり、マリンスポーツをするのがメインとなっています。ただし気を付けないといけないのは天候です。天気が悪いとマリンスポーツが中止になり、せっかくのプランも台無しになってしまうため、注意します。今一緒にペットと暮らしている人はペットを連れていくことは出来ないし、小さな注意も必要です。ココス島には野鳥がいますが、襲ってくる心配はありません。昼間はマリンスポーツをしますが、夜はマジックショーがあります。普段マジックを見られない人でも楽しく参加出来ます。水着を持っていくことはもちろん必要ですが、マリンシューズも揃えておく必要があります。他にも現金も必要になり、事前の準備がいくつか必要です。

プライベートビーチならイベントも多いし、プライベートビーチによっても違いがあります。自分が何をしたいのか、条件に当てはまっているか事前に確認することも必要になります。せっかく参加しても呼吸器系疾患がある人だったり、健康が悪かったりするとイベントも参加することが出来なくなります。自分に合ったプライベートビーチを見つけて行くようにします。
グアムビーチ有料